読書感想「インドに行くなら草食系な南インドに行こう!」

B00C7JEBM0

 

私は大学生〜社会人数年目あたりの一時期、自己啓発本やビジネス本にハマっていた時期があった。その頃に300冊くらいは読んだと思う。でもある時から読めば読む程似たことしか書いていないことに気づき、あまり読まなくなってしまった。世界経済の流れ、成功するための考え方、日本や世界の問題…. 一通り読んで学ぶことはもちろんあったけれども、その後次第にそのような抽象的で客観的な話にはあまり興味がわかなくなったのだった。

ところで最近、前会社を立ち上げた時の仲間に会った。単に久々に意見交換をする目的で会っただけだけども、やはり知った仲、その時の数時間でとても有意義な時間を過ごすことが出来た。その際に話した内容は、「このサイトは何万PVらしい」「〇〇のような手法でアクセスを集めている」「〇〇が事業をしにベトナムに行った」などだった。超具体的な話しかしなかったが、面白かった。

 

さて、今回読んだ「インドに行くなら草食系な南インドに行こう!」だけども、著者の矢野さんは最近まで現地のIT企業で通翻訳として2年間働いていた方。主に南インドのケララという州に滞在していたようだ。北インドはニューデリーなどの話は日本でも時々聞くけども、南インド、特にケララの話はほとんど聞いたことがない。勝手な想像では、観光や駐在員以外で現地で生活している日本人は少ないのではないだろうか。こういうレアな情報は面白そうだと思い読んでみた。

内容としては、南インドの一般知識から観光情報、医療事情、そしてなぜかインドでの起業情報までと幅広い。こう書くと内容は広く浅くのように感じるかもしれないが、実際にはその逆で、内容は著者が経験したことを中心に書いた、リアルで具体的なものだった。また、写真が多く文体は軽いのでサクサクよめる。

特に、現地の「生活費」や「医療レベル」など、かなりレアと思われる内容についても書いてあるので、現地採用や留学で行く方にとって現地の雰囲気を知るのにとても良い本だと思う。また、私のようにインドに行く予定のない人でも話のネタとしていいし、観光予定の人ならばもちろん楽しんで読めるだろう。

やはり、こういうリアルで具体的な本は面白い。

世界のどこかでレアな経験や知識を持っている人は沢山いる。その中には既にブログで発信している方もいるとは思うが、読む側としてはブログ記事を順番に読んでいくのは結構大変だ。今後はそのような経験や知識が、電子書籍のプラットホーム向けに編集され、読み易い形で発信されていくのだろう。しかもこの本のように格安で、欲しい時にすぐに手に入る。いい時代になったものだと思う。

[読書]年収10倍アップ勉強法

勝間氏の出世作?である「年収10倍アップ勉強法」を2年前に読んで以来本棚で眠っていたので久々に読み返してみました。

とてもあっさりした本で読みやすくていいですね。
世間はこの本あたりから自己啓発本ブームが始まったような気がします。

私もこの本の影響は受けていて、IT周り、特にノートPCを使ってカフェで仕事したりマインドマップの利用は当てはまります。

昔の自分がエッセンスとして抜き出した箇所やコメントを見てみると面白い。
ただ、今見ても親指シフトとフォトリーディングを勧めているのは違和感がありまくり。
常人はやらない方が良い気がしますが・・・

数分で読み終わって、一カ所しか気になる点がなかった。
自分が成長したのか、それとも感度が弱くなったのか・・・

人間は、無形の、しかも先のことを、想像したり、計算するのは、非常に苦手なようにできています。
ですから、これをわかりやすい価値、たとえば、お金とか、出世とか、恥とかに変換するのです。

 

[読書]脳を活かす仕事術

脳科学者の茂木さんが書いた本。

書かれている内容は良く有るビジネス書と一緒で、アウトプットの質を向上する方法や、タスクの管理方法についてなどですが、脳科学の観点から方法論の裏付けが書かれているのが特徴で、面白いところです。

読んでみると自分の経験則的に同意するところが多々あり、
それに対して素人にも分かり易い形で脳科学的な説明がある、
というところがこの本の見所。

印象に残ったところを。

良い物を理解するのと良い物を作れるのは別であり、
それは脳の感覚系と運動系をバランスよく機能させることが重要。
感覚系と運動系は直接繋がっておらず、言葉などのアウトプットを通して
やりとりがされる。
現代では感覚系が発達している人が多い傾向があり、
感覚系はちょっとしたコツなどで発達しうるが、運動系は反復するしかない。
運動系を発達させるには、とにかく、アウトプットを増やすしかないのだ。
アウトプットを感覚系でインプットして評価を繰り返すことで運動系が
発達していく。

自分でこれは「1〜2時間以内で終わらすぞ」、と時間制限を設けて
集中して早くこなすクセをつけよう。脳の集中力が続くのは1〜2時間が限度。
脳は長期的な目標よりも短期的な目標に集中しやすくできている。
早くアウトプットすることで運動系と感覚系のバランスを保つ効果もある。

仕事はいきなり核心から入ろう。「○○時」になったら始めよう、では
多くの割り込みに邪魔されていつまでたっても進まない。
常に核心から入って決めた時間内でやろうとすれば脳の集中力は強化される。
すると細切れの時間でもすぐに集中できるようになれる。

脳の前頭連合野のワーキングメモリと呼ばれる箇所に長期記憶を司る側頭葉からの情報が
一時的送られ、そこで長期記憶をタスクのマネージメントを行う。
それが複雑すぎるとワーキングメモリに様々な情報を多く集めるのに時間がかかってしまう。
(つまり集中するのに時間がかかる)

#iwaking

[読書] 頭のいい人が儲らない理由

著者はサムシンググッドなど複数の会社の社長を勤めた坂本桂一氏。
ビジネスを成功させる考え方について著者の視点から書かれたビジネス書です。

ざっくり言うとこの本のテーマは「考える力」です。単なる知識ではなく、知識を活用する知恵がいかに重要かを例として著者の体験を交えつつ述べています。特にゴールから逆算して考える思考法である仮説思考に重点を置いているように思います。

内容としてはそれほど目新しい内容でもないし、「考える力」とは何かということに関しては掘り下げて書かれておりませんので実際にその辺を詳しくしりたい、身につけたいという場合は「いま、すぐはじめる地頭力」の方が参考になります。
この本は坂本氏の経験や独特の言い回しが魅力なわけで、その辺を楽しむための本です。

印象に残ったところを。

本能的なふるまいというのは、大自然の中で生きる時には有効かもしれないが、人工的でルールのある社会においては、必ずしもそれが有利に働くとは限らない。むしろ、競争に勝つためには、あえて本能に逆らう選択をしなければならないことのほうが圧倒的に多いのである。

〜考える能力の差ということだ。
考える能力が低ければ、あるいは考える習慣のない人は、目の前の事実や現象をみたままだけしか伝えることができない。
一方、考える能力の高い人は、なぜその現象が起こったのかを分析的に考え、次はこうなるというイメージを創造的に考え、さらにそれを論理的に説明できるように考える。

まず必要なのは目指すべきゴールを設定すること、次が、どのようにゴールに到達すればいいかの仮説だ。その仮説のことを戦略というのだ。

#iwakin