移住と同時に法人の管轄外移転をする際の手続きまとめ

2ヶ月ほど前の話ではありますが…。

私個人は1年半以上前から埼玉県の所沢市から福岡市に移り住んでいたのですが、この度法人も福岡市に移転することにしました。

その手続きがなかなか大変だったので、自分自身のメモとして残しておきたいと思います。

前提条件
・代表者の住民票を移す(所沢市 => 福岡市)
・法人の住所を変更する(所沢市 => 福岡市)
・登記移転自体は司法書士の方にお願いし、残りの手続きは私が行う。

個人の住民票移転
所沢市役所で転出届を提出後、福岡市役所に転入届を提出。ついでに警察署にて運転免許の住所も変更しました。

法人の登記移転
司法書士に依頼。管轄外移転で6万、代表者住所変更で1万、計7万円が税金だけでかかります。定款に住所が記載されていたので、定款も編集しました。

そしてここからが怒涛のごとく提出書類があったのですが、ここでは提出書類名を箇条書きにするだけにしておきます。

税務署(旧管轄)
異動届出書
消費税異動届出書
給与支払事務所等の移転届出書

税務署(新管轄)
異動届出書
消費税異動届出書
給与支払事務所等の移転届出書

県税事務所(旧管轄)
法人の名称変更等の報告書

県税事務所(新管轄)
法人設立(設置)届

市役所(旧管轄)
特別徴収義務者の所在地・名称等変更届出書
法人等の異動届出書

市役所(新管轄)
法人市民税に係る法人等の設立申告書・異動の届出書

その他
銀行、ドメイン、その他利用サービスの住所変更から取引先への移転報告などを行いました。

まとめ

とにかく提出する書類がたくさんあって大変でした。税務署、県税事務所等の税金関係は税理士、社会保険関係は社会保険労務士に依頼することができると思いますので、時間に余裕のない方は外注した方が良いと思います。

私の場合、税理士さんは決算だけの契約なので自分でやってみたのですが、結構時間とられたので依頼すればよかったと後悔しました。

自分でやるにしても、Bizerなどバックオフィス業務支援サービスを利用すると楽だと思います。

また、私の会社は四期目の途中で移転したので法人税申告において地方税の申請を所沢市と福岡市の両方に提出する必要があるらしいです。これはけっこう面倒ですので、可能であれば期の初日に法人移転をすることをおすすめします。