[読書]脳を活かす仕事術

脳科学者の茂木さんが書いた本。

書かれている内容は良く有るビジネス書と一緒で、アウトプットの質を向上する方法や、タスクの管理方法についてなどですが、脳科学の観点から方法論の裏付けが書かれているのが特徴で、面白いところです。

読んでみると自分の経験則的に同意するところが多々あり、
それに対して素人にも分かり易い形で脳科学的な説明がある、
というところがこの本の見所。

印象に残ったところを。

良い物を理解するのと良い物を作れるのは別であり、
それは脳の感覚系と運動系をバランスよく機能させることが重要。
感覚系と運動系は直接繋がっておらず、言葉などのアウトプットを通して
やりとりがされる。
現代では感覚系が発達している人が多い傾向があり、
感覚系はちょっとしたコツなどで発達しうるが、運動系は反復するしかない。
運動系を発達させるには、とにかく、アウトプットを増やすしかないのだ。
アウトプットを感覚系でインプットして評価を繰り返すことで運動系が
発達していく。

自分でこれは「1〜2時間以内で終わらすぞ」、と時間制限を設けて
集中して早くこなすクセをつけよう。脳の集中力が続くのは1〜2時間が限度。
脳は長期的な目標よりも短期的な目標に集中しやすくできている。
早くアウトプットすることで運動系と感覚系のバランスを保つ効果もある。

仕事はいきなり核心から入ろう。「○○時」になったら始めよう、では
多くの割り込みに邪魔されていつまでたっても進まない。
常に核心から入って決めた時間内でやろうとすれば脳の集中力は強化される。
すると細切れの時間でもすぐに集中できるようになれる。

脳の前頭連合野のワーキングメモリと呼ばれる箇所に長期記憶を司る側頭葉からの情報が
一時的送られ、そこで長期記憶をタスクのマネージメントを行う。
それが複雑すぎるとワーキングメモリに様々な情報を多く集めるのに時間がかかってしまう。
(つまり集中するのに時間がかかる)

#iwaking

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.